大手企業へ就職>自分をアピールできる職務経歴書を作る方法

アピールできる履歴書を書けたら、次は、職務経歴書の制作です。
職務経歴書とは履歴書で書ききれなかった職歴を記載するものですが、
特に形式が決まっていないため、自分の能力をアピールする絶好の場所です。
しっかりとアピールのコツをつかみ経歴書を作る事で、応募に通りやすくなります。

まず、私の場合は、2つのフォーマットを用意しました。
1つ目は職務の経歴だけを履歴書のように時系列に書いた物。
これはA4の用紙1枚に全ていれ、日付と会社名、所属部署名のみを記入。
部署が転属となった場合も、ここに記載しました。
そして、もう一つは、各職ごとに業務の内容や実績を具体的に書いた物です。
これは、A4の用紙に2社分の経歴を記載し、より具体的にどのような業務を行い
どのような実績を作ったのかを簡潔に分かりやすくまとめていく方法をとりました。
また、その業務の中で、自分はどのような能力を発揮できたか、またどのようなことに気がつけたかもまとめて書き、自分の能力のアピールをすると効果的です。

これにより、人事担当の方が自分の職務履歴をひと目で見る事が出来、
その中の気になる職歴の部分だけを更に具体的に知ることが出来るのでは無いかと思ったからです。
このように、職務経歴書に関しては、決まったフォーマットはありません。
それだけに、書き方によって自分をアピールできる場となります。
書き方のコツは、これを見る人事担当の方も他に仕事があるということを意識し、
いかに見やすく詳しく簡潔に、自分の事を知ってもらうかを考えて書くことです。

大手企業へ就職

トップページ
円満に会社を辞める方法
退職届けの書き方とポイント
引継ぎを行うための方法とあいさつ回りのコツ
退職1週間前の行動と今後に繋げるコツ
挨拶状の書き方とコツ
退社当日。後を濁さず全てを円満にする方法とコツ
退職後も自分の信頼度を上げる方法
ハローワークでの必要書類をそろえる方法
雇用保険の手続きの方法
賢く税金を取り戻す方法
もしものために!失業中でも健康保険への入る方法
応募に通る履歴書の書き方とコツ
自分をアピールできる職務経歴書を作る方法
面接を成功させるコツ
外資系会社の面接のポイントと成功させるコツ
中途採用の企業の思惑とそれを成功させる方法
自分をアピールするチャンス!辞めた理由の答え方とコツ
自己紹介のポイントと自分を売り込むコツ
実績の答え方のコツとポイント
志望動機の答え方とコツ

リンク

トップページ