大手企業へ就職>挨拶状の書き方とコツ

いままでお世話になった取引先や、会社でのお世話になった方々に退職・辞職の挨拶をするは今までは電話や手紙が普通でしたが、
今では社内の人の場合でも住所がわからない、部署が違うのでなかなか会えないという理由からメールで退社の挨拶をするという方法も一般的になりつつあります。

しかし、基本的な書き方は一緒です。
ここでは挨拶状の書き方とコツをご紹介します。

まず、
季節の挨拶などから始めるのが普通です。
その後、退社の月日、在職中にお世話になったことを感謝する言葉を続けます。
また、新しい就職先が決まっている人は、転職先の入社を知らせます。
続いて、今後の仕事に対する豊富や、今後とも支援をお願いする文面を書き
最後を、幸せを祈る言葉で締めくくります。

在職中に退社の挨拶へ回れなかった場合は、その事を謝罪する文面を入れておくのも良い方法です。

以下、私の時に使用した挨拶文のサンプルをご紹介します。

拝啓 皆様には、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、私、○月末日をもちまして、○年間勤務しました○○株式会社を円満退社し、株式会社××に入社いたしました。○○在職中は公私とも格別のご厚情を賜り、心から御礼申し上げます。
株式会社××では○○の仕事に係わる予定です。
なにぶん経験の浅い分野ですので、果たしてどこまで通用するか不安でもありますが、決意も新たに不退転の覚悟で専心努力する所存でございます。今後とも、なお一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
まずは、略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。
末筆ながらご慈愛のほどお願いあげます。
敬具

平成○年○月○日
田中 太郎

大手企業へ就職

トップページ
円満に会社を辞める方法
退職届けの書き方とポイント
引継ぎを行うための方法とあいさつ回りのコツ
退職1週間前の行動と今後に繋げるコツ
挨拶状の書き方とコツ
退社当日。後を濁さず全てを円満にする方法とコツ
退職後も自分の信頼度を上げる方法
ハローワークでの必要書類をそろえる方法
雇用保険の手続きの方法
賢く税金を取り戻す方法
もしものために!失業中でも健康保険への入る方法
応募に通る履歴書の書き方とコツ
自分をアピールできる職務経歴書を作る方法
面接を成功させるコツ
外資系会社の面接のポイントと成功させるコツ
中途採用の企業の思惑とそれを成功させる方法
自分をアピールするチャンス!辞めた理由の答え方とコツ
自己紹介のポイントと自分を売り込むコツ
実績の答え方のコツとポイント
志望動機の答え方とコツ

リンク

トップページ