プレゼン>会場をコントロールする方法

プレゼンテーションの方法を解説する本やサイトでは
多くが資料作成のテクニックやストーリーのコツに関して記載していますが、
本当に大切なのは会場全体の呼吸にあわせて進めていくことだと思います。

観客がハッと息を呑んだ直後に、フーと息を吐ける場面を作ったり、
話の山と谷をバランスよくプレゼンテーションに織り込んで行き
会場の呼吸感をコントロールしていくことが大切なコツです。

しかしいきなり呼吸感をコントロールと言われても
難しいものです。
私はその場で1〜3人ぐらいに狙いを定め、彼らがこちらの話しにのめりこんできているかなど、彼らの態度を見ながら話すようにしています。
彼らがうなずいたり、こちらから目を離さなくなってくれるのを確認し、彼らが一所懸命納得できるように話を持っていくと、会場全体の人々にとっても
上手く伝わっていることが多いです。

またこうすると、会場に何人いても、その数人しか見ていないので緊張も和らぎます。
会場の呼吸感を感じながら話を進めていく事が、下手なテクニックなどよりも余程大切なコツだと思います。

プレゼン

トップページ
プレゼンテーションを成功させる3つの要素とコツ
アイデアを人に伝えるためのコツ
プレゼンテーションで自分のアイデアに自身を持つ方法
プレゼンテーションで相手にしっかりと伝えるためのストーリー作りのコツ
相手の心を打つプレゼンテーションとは
支援してくれる人を得る方法
本番パニックにならない方法とコツ
会場をコントロールする方法
プレゼンテーションの練習の方法とコツ
その場の雰囲気に合わせて話を組み替えるコツ
パワーポイントを使う時の注意点
テクニックを覚えるより効果的なプレゼンテーションの方法
聞き手を引き込む話し方
プレゼンテーションで本当の味方を作るには
プレゼンテーション資料の作り方とコツ
資料で効果的な色をつかい伝えたいことをアピール
プレゼンテーションを強くアピールするための服装の選び方
説得力のあるプレゼンテーションをする方法
プレゼンテーション上手な人の条件とは
プレゼンテーションを更に磨く方法
聞き手の記憶に残るプレゼンテーションとは
BGMを有効に使うコツ
興味を引く為の話し始め方
印象的に最後を締めくくるコツ

その他

リンク募集中