プレゼン>プレゼンテーションを強くアピールするための服装の選び方

プレゼンテーションを行う際、見落としがちなのが服装。
通常、誰もが黒や紺のスーツ、もしくは濃い茶色のジャケットなど
無難な色の服装で行ってしまう。
それはプレゼンテーションはあくまでもビジネスという考えからきているのだと思いますが、プレゼンテーションはあくまで自分をアピールし商品や内容をアピールする場です。無難に着こなすのではなく、存在感をアピールできる服装などが
本当の意味でのプレゼンテーションをすることになると思います。

私の場合、基本的には明るめのジャケットやネクタイ、ワイシャツなどをコーディネートして行きプレゼンテーションを行います。
それは、会場にいる人達の殆どがビジネスの方々であり、
黒か紺のスーツを着てきます。
そうすると会場は暗くなりますので、少しでも明るく見せたい
また、少しでも存在感を出し、商品をアピールしたいと考えるからです。

確かに服装でプレゼンテーションへの評価が変わることはありません。
しかし、服装に紐付けて内容を覚えてもらえることは多いにしてあります。
黒一辺倒のプレゼンテーターの中に、明るいジャケットを着た人が一人いれば
それだけで人の目には印象的に映ります。
もちろん、その場と状況にあった服装は大切です。
その時々に合った服装で挑むことが、プレゼンテーションを強くアピールする際のコツです。

プレゼン

トップページ
プレゼンテーションを成功させる3つの要素とコツ
アイデアを人に伝えるためのコツ
プレゼンテーションで自分のアイデアに自身を持つ方法
プレゼンテーションで相手にしっかりと伝えるためのストーリー作りのコツ
相手の心を打つプレゼンテーションとは
支援してくれる人を得る方法
本番パニックにならない方法とコツ
会場をコントロールする方法
プレゼンテーションの練習の方法とコツ
その場の雰囲気に合わせて話を組み替えるコツ
パワーポイントを使う時の注意点
テクニックを覚えるより効果的なプレゼンテーションの方法
聞き手を引き込む話し方
プレゼンテーションで本当の味方を作るには
プレゼンテーション資料の作り方とコツ
資料で効果的な色をつかい伝えたいことをアピール
プレゼンテーションを強くアピールするための服装の選び方
説得力のあるプレゼンテーションをする方法
プレゼンテーション上手な人の条件とは
プレゼンテーションを更に磨く方法
聞き手の記憶に残るプレゼンテーションとは
BGMを有効に使うコツ
興味を引く為の話し始め方
印象的に最後を締めくくるコツ

その他

リンク募集中