プレゼン>聞き手を引き込む話し方

先に記述したとおり、プレゼンテーションでは会場の呼吸感をコントロールすることが大切な方法です。

数名に辺りをつけて語りかけるように話す。これはあくまでも場の雰囲気を読むには有効な方法ですが、実際に聞き手を引き込むような話し方が出来る事が条件となります。
では、聞き手を引き込むような話し方とはどのような話し方の方法でしょうか?

小説でも何でもそうですが、人がひきつけられるのは、
話の中の山場のシーンです。
この山場のシーンをプレゼンテーションでもいくつも用意します。
聞き手がびっくりするような映像や音楽を入れたり
好奇心を刺激するようなデータを見せたり。
淡々としたプレゼンテーションの流れを一気に裏切るシーンを盛り込むことで
聞き手の予想を裏切る事で、聞き手を驚かせます。
そうすると聞き手は徐々に話しに引き込まれていきます。

その後は、忘れずにリラックスできるシーンを用意することで
更に聞き手をひきつけることができるようになります。
もちろんそれには聞き手がどのような年代でどのような人達がいるのかを知ることも大切な事です。
要は、その場の雰囲気に合わせ、
話の押し引きをプレゼンテーションに組み込む事が
聞き手を引き込む話し方のコツです。

プレゼン

トップページ
プレゼンテーションを成功させる3つの要素とコツ
アイデアを人に伝えるためのコツ
プレゼンテーションで自分のアイデアに自身を持つ方法
プレゼンテーションで相手にしっかりと伝えるためのストーリー作りのコツ
相手の心を打つプレゼンテーションとは
支援してくれる人を得る方法
本番パニックにならない方法とコツ
会場をコントロールする方法
プレゼンテーションの練習の方法とコツ
その場の雰囲気に合わせて話を組み替えるコツ
パワーポイントを使う時の注意点
テクニックを覚えるより効果的なプレゼンテーションの方法
聞き手を引き込む話し方
プレゼンテーションで本当の味方を作るには
プレゼンテーション資料の作り方とコツ
資料で効果的な色をつかい伝えたいことをアピール
プレゼンテーションを強くアピールするための服装の選び方
説得力のあるプレゼンテーションをする方法
プレゼンテーション上手な人の条件とは
プレゼンテーションを更に磨く方法
聞き手の記憶に残るプレゼンテーションとは
BGMを有効に使うコツ
興味を引く為の話し始め方
印象的に最後を締めくくるコツ

その他

リンク募集中