プレゼン>資料で効果的な色をつかい伝えたいことをアピール

プレゼンテーションの資料を作る際、色の使い方についてもコツがあります。
それは色彩や配色によって、文字が見えづらくなる可能性があるからです。

これはプレゼンテーションをする会場の大きさや広さにもよりますが
広い会場あればあるほど、ぼやけた影や、補色となる色は避けることがコツです。

では、ひと目で分かる配色とは何色なのか?
これは、皆さんの身の回りに多く存在しています。
それは、道路標識。
例えば、青地に白、黒字に黄色、赤字に白などです。
これら標識はドラバーが高速で運転していながらでも、また遠くからでも、すぐに目に入りやすいように配色されています。

確かにコンセプトにあった色選びは大切です。
また、いくら目立つからと言って、ひたすらこの配色を使い続けると
今度は見ている方が疲れてしまいます。
しかし、経験上、どんなコンセプトであれ、大切な所は
これらの色の配色を使ったほうが、きちんと聞き手に伝わりやすくなるということです。

全体はコンセプトの色に合わせて作り、要点でこれら配色を使い
相手に強調して伝えることが、相手に大切な部分を伝えるコツとなります。

プレゼン

トップページ
プレゼンテーションを成功させる3つの要素とコツ
アイデアを人に伝えるためのコツ
プレゼンテーションで自分のアイデアに自身を持つ方法
プレゼンテーションで相手にしっかりと伝えるためのストーリー作りのコツ
相手の心を打つプレゼンテーションとは
支援してくれる人を得る方法
本番パニックにならない方法とコツ
会場をコントロールする方法
プレゼンテーションの練習の方法とコツ
その場の雰囲気に合わせて話を組み替えるコツ
パワーポイントを使う時の注意点
テクニックを覚えるより効果的なプレゼンテーションの方法
聞き手を引き込む話し方
プレゼンテーションで本当の味方を作るには
プレゼンテーション資料の作り方とコツ
資料で効果的な色をつかい伝えたいことをアピール
プレゼンテーションを強くアピールするための服装の選び方
説得力のあるプレゼンテーションをする方法
プレゼンテーション上手な人の条件とは
プレゼンテーションを更に磨く方法
聞き手の記憶に残るプレゼンテーションとは
BGMを有効に使うコツ
興味を引く為の話し始め方
印象的に最後を締めくくるコツ

その他

リンク募集中