起業で成功>事業をスタートして儲けよう!会社名義の口座をつくる方法

会社として活動するには会社名義の口座を金融機関に開設しておく必要があります。

開設の方法をご紹介します。
方法はいたって簡単で、個人でつくるのとほぼ同じです。
口座を開設したい金融機関へ行って手続きをしてください。

ただ、少し違うのは、印鑑以外に会社の登記簿謄本が必要となります。
また、場合によっては定款のコピーなども必要になる時がありますので
あらかじめ持っていくことがコツとなります。

会社設立時は銀行との取引もまだないので、開設できる口座の種類は普通預金口座のみとなります。
小切手や手形を発行できる「当座預金」口座は、普通ある程度、その金融機関と取引実績を作ってからでないと開設できません。

といっても「普通預金」口座で私も今のところまったく問題はありませんでした。
確かに手形などは資金繰りを楽にできるメリットもありますが、
今はあまり手形などはある業界でしか使えなくなってきていますので
特に気にする必要もないと思います。

会社を設立したら、会社名義の口座をすく作ってしまい、
出来るだけ早く事業をスタートさせるのが成功させるコツです。

起業で成功

トップページ
事業を始める前にしっかりとチェック項目はこれ!
起業の為の動機をしっかり考える
起業の為のサービスをチェックする方法とコツ
顧客や人員を割り出す方法とコツ
自分自身を知ることも大切なポイント
提供するサービスの場所に関するチェック方法
いつから起業するか?起業までのスケジューリングの方法とコツ
事業計画の確認方法
自分の事業を具体的にイメージする方法
事業計画の事業概要の書き方のコツ
起業理由、動機の書き方のポイント
商品やサービスの詳細の書き方とコツ
事業開始後、失敗しないための販売計画書とは
後からでも活用できる仕入れ方法の記載方法
一目で分かりやすい資金計画表作成のコツ
見積損益計算書の書き方と工夫
返済予定表をしっかり立てる方法とコツ
初心者でも分かる最低必要な売上高を確認する方法
法人か個人か!メリットとデメリット
法人格の方が得をする!?法人格の種類とその特徴
時間を節約!事前に許認可が必要な業種を調べる方法
融資制度を利用して資金を集める為のポイント
普通の金融機関から融資を受ける為のコツ
補助金制度を利用するには
会社設立後の時間を節約!書類提出を簡単に済ませるコツ
初心者でも間違えない為の必ず提出する届出の種類
設立後、税金で得をするコツとその書類
業種によって必要な書類と提出の方法
従業員を雇ったら提出する書類と記入する際のコツ
社会保険事務所への届出する方法と経費を賢く節約するコツ
事業をスタートして儲けよう!会社名義の口座をつくる方法

リンク

トップページ