起業で成功>事業計画の事業概要の書き方のコツ

事業計画書にはいくつかの区分をつくり、
各区分ごと自分の立てた計画を記入して行くことが、分かりやすくするコツです。

特に決まった書き方はありませんが、最低限盛り込まなくてはいけない内容はあります。まずはじめに、会社の基本情報を記載しておきます。
会社名、代表社名、所在地、連絡先などです。

その次に事業概要を記載します。
事業の名称、事業の概要、事業内容の詳細です。
この中で、事業の概要と事業内容の詳細は、出来るだけ簡潔に詳しく書くことがコツです。
資金の調達の際、援助金や融資を受ける時に、相手の人に説明する際、
出来るだけ簡潔に、分かりやすく自分の事業について説明しなくてはなりません。
その際に良くチェックされるのがこの項目です。
分かりやすく簡潔に記載するようにしましょう。

私の場合は、立ち上げてからいくつかのプロジェクトを段階的に始めていく予定でしたので、その時考えていた将来の展開まで記載しておきました。
できれば、この様に現在の事業だけでなく、この事業が軌道に乗った次の展開まで記載する方法がいいです。
これは、将来の発展性を表現し、発展性をアピールするコツです。

起業で成功

トップページ
事業を始める前にしっかりとチェック項目はこれ!
起業の為の動機をしっかり考える
起業の為のサービスをチェックする方法とコツ
顧客や人員を割り出す方法とコツ
自分自身を知ることも大切なポイント
提供するサービスの場所に関するチェック方法
いつから起業するか?起業までのスケジューリングの方法とコツ
事業計画の確認方法
自分の事業を具体的にイメージする方法
事業計画の事業概要の書き方のコツ
起業理由、動機の書き方のポイント
商品やサービスの詳細の書き方とコツ
事業開始後、失敗しないための販売計画書とは
後からでも活用できる仕入れ方法の記載方法
一目で分かりやすい資金計画表作成のコツ
見積損益計算書の書き方と工夫
返済予定表をしっかり立てる方法とコツ
初心者でも分かる最低必要な売上高を確認する方法
法人か個人か!メリットとデメリット
法人格の方が得をする!?法人格の種類とその特徴
時間を節約!事前に許認可が必要な業種を調べる方法
融資制度を利用して資金を集める為のポイント
普通の金融機関から融資を受ける為のコツ
補助金制度を利用するには
会社設立後の時間を節約!書類提出を簡単に済ませるコツ
初心者でも間違えない為の必ず提出する届出の種類
設立後、税金で得をするコツとその書類
業種によって必要な書類と提出の方法
従業員を雇ったら提出する書類と記入する際のコツ
社会保険事務所への届出する方法と経費を賢く節約するコツ
事業をスタートして儲けよう!会社名義の口座をつくる方法

リンク

トップページ