雇用保険で得する>制限期間中のバイトをする時の注意点

ハローワークで制限期間中どのぐらいバイトをしても良いのかを聞いたら、
その期間中は隠れてバイトする必要もなく、稼ぎまくってください。

しかし、実は1点だけ注意しておきたいコツがあります。
基本的に、ハローワークでOKと言われた期間は働いても問題はないのですが、
確実に、そのバイトが制限期間内で終わるようにするのがコツです。
つまり、同じバイトでも契約期間をはっきりと決まっていれば問題はありません。

一定期間未満(通常2週間〜1ヶ月ぐらい。自分の地域のハローワークに確認してください。)の契約なら、次の認定日に働いた日数を申告するだけでOKですので
申告もかなり楽ですが、一定期間以上働いてしまった場合は、バイト先から就労証明証や、退職証明証を出してもらいハローワークへ提出する必要があります。

このような証明証などをだしてもらえるバイト先であれば、
ハローワークで言われた期間を気にせずに働けるようになります。
その方法については、次でご紹介したいと思いますが、
バイトの面接時にこれらの証明証を発行してもらえるかを確認しておくことが
制限期間中にたっぷりと稼ぐコツです。

雇用保険で得する

トップページ
初めてでも簡単にできる雇用保険の受給手続きの方法
基本給付を受けるための大切な2日間
雇用保険をもらえる期間を意図的に増やしてより多くのお金をもらう方法
この期間に働いたら給付がもらえなくなります!
意味を取り違えると雇用保険がもらえなくなるかもしれない!失業の状態の本当の意味
バイトできる日程をしっかりチェックする方法
給付制限中にフルタイムでバイトをして稼ぐ方法
制限期間中のバイトをする時の注意点
どんな厳しいハローワークでも制限期間中にバイトをしてお金を稼ぐ方法
バイトをしながら雇用保険をもらい得するをしよう!
厳しいハローワークでもバイトするコツ
損をしないバイトスケジュールを組むためのコツ
バイトのスケジュールを組む一番良い方法
1日に10万円稼いでも雇用保険をもらうには?
途中就職しても、今までの雇用保険を復活させる方法
最大限稼ぎながら、基本手当てをしっかりもらう方法
月10万以上稼げるかもしれない内職のコツ
誰でも簡単に内職を見るける方法とコツ
ただで技術をつけながら、雇用保険の期間を延ばして儲ける方法
ハローワークではまだ紹介されていない職業訓練学校のコースを見つける方法
職業訓練学校へ合格する為の面接のコツ
職業訓練学校は色々な種類と、様々な技術を学べます
充実した設備と確かな内容の職業訓練学校の選び方
超激安で本格的に学べる2年間コースへ入る方法

その他

リンク募集中