雇用保険で得する>途中就職しても、今までの雇用保険を復活させる方法

雇用保険からお金をもらっている間に
割の良いちょっと長期のバイトがあった場合、きちんとした手続きを踏んで
バイトが終わった後に、残りの手当てをもらえるようになる方法があります。

その方法とは、
バイト先から「採用証明書」をもらい、それをハローワークへ提出し、
バイトの期間が終わったら、バイト先から「退職証明書」をもらい、
ハローワークへ提出することです。
バイト期間が半年以内の場合、それまでもらっていた雇用保険が復活し
次の認定日から、すぐに残りをもらえるようになります。

半年以上の場合は、再度、雇用保険に入り退職後、ハローワークへ行けば
普通どおり雇用保険を最初からもらうことができます。

ただし、新しいバイト先で、きちんと契約の期間が決まっていることが前提条件です。
きちんと期間が決まっておらず、自分で辞めてしまうと自己都合となってしまいますの
その場合は、制限期間が1ヶ月つくこともあります。
きちんと契約期間満了で退職することが、コツとなります。

雇用保険で得する

トップページ
初めてでも簡単にできる雇用保険の受給手続きの方法
基本給付を受けるための大切な2日間
雇用保険をもらえる期間を意図的に増やしてより多くのお金をもらう方法
この期間に働いたら給付がもらえなくなります!
意味を取り違えると雇用保険がもらえなくなるかもしれない!失業の状態の本当の意味
バイトできる日程をしっかりチェックする方法
給付制限中にフルタイムでバイトをして稼ぐ方法
制限期間中のバイトをする時の注意点
どんな厳しいハローワークでも制限期間中にバイトをしてお金を稼ぐ方法
バイトをしながら雇用保険をもらい得するをしよう!
厳しいハローワークでもバイトするコツ
損をしないバイトスケジュールを組むためのコツ
バイトのスケジュールを組む一番良い方法
1日に10万円稼いでも雇用保険をもらうには?
途中就職しても、今までの雇用保険を復活させる方法
最大限稼ぎながら、基本手当てをしっかりもらう方法
月10万以上稼げるかもしれない内職のコツ
誰でも簡単に内職を見るける方法とコツ
ただで技術をつけながら、雇用保険の期間を延ばして儲ける方法
ハローワークではまだ紹介されていない職業訓練学校のコースを見つける方法
職業訓練学校へ合格する為の面接のコツ
職業訓練学校は色々な種類と、様々な技術を学べます
充実した設備と確かな内容の職業訓練学校の選び方
超激安で本格的に学べる2年間コースへ入る方法

その他

リンク募集中